大林組、慶応大/左官作業の遠隔操作を可能にするシステム開発/コテの力触覚を再現

2021年3月25日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大林組と慶応大学が視覚と力触覚の情報を活用し左官作業を遠隔化する「建設技能作業再現システム」を開発した。人間の手の触覚を伝送・再現する「リアルハプティクス」を応用。高精度で左官職人の手の動きや力触覚…

残り 558文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン