三井住友建設、東京工業大学/損傷制御型トラス梁構法を開発/鋼材量1割低減

2021年3月30日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 三井住友建設は29日、東京工業大学科学技術創成研究院未来産業技術研究所の吉敷祥一准教授と、損傷制御型トラス梁構法を共同開発したと発表した。地震に伴う変形を吸収する構造で、耐震性能を維持したまま鋼材の…

残り 499文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン