震災から10年/鹿島/災害廃棄物を資源へ、港湾という出口で迅速化

2021年3月31日 企業・経営 [3面]

文字サイズ

 鹿島は、東日本大震災の被災地で受注した災害廃棄物処理業務で、リサイクル資材としての活用拡大に取り組んだ。宮城県石巻市の「石巻ブロック」では、膨大な量の処理が求められる状況下で、港湾埋め立て基準を満足…

残り 572文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン