工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

名古屋市/久屋大通南エリア再整備(中区)の方向性示す/集客施設やイベント空間設置  [2021年3月31日9面]

 名古屋市は、中区にある久屋大通の南エリアについて、再整備の方向性をまとめた。全体を4ゾーンに分けて整備、大須方面との回遊性を強化するため、南側の堀留水処理センター上部空間を活用して集客施設を設ける。この案を29日に開いた「久屋大通再生有識者懇談会」(座長・堀越哲美愛知産業大学長)に提示し、意見を聞いた=写真。
 久屋大通は、都心の栄地区を南北に貫く幅員100メートルのシンボル空間。中央部は久屋大通公園になっている。市は、2027年リニア中央新幹線開業を見据え、全体の再生を進めており、20年9月に北・テレビ塔エリアをオープンさせた。
 これに続き整備する南エリアは、錦通から若宮大通までの延長約800メートル。同懇談会が20年3月に提言した「久屋大通のあり方(南エリア部分)」に基づき、方向性案をまとめた。
 それによると、北側から▽まちのラウンジ▽異日常空間へのエントランス▽動と静のハイブリッド▽創造と発信-の4ゾーンを整備。これらに加え、若宮大通の南側にある堀留水処理センター・久屋大通庭園フラリエの上部空間を栄と大須の連携拠点にする。ゾーン内には、魅力的な集客施設、大規模イベントにも対応できる空間を設ける。
 整備に当たっては、地下街と地上との回遊性、百貨店などが立ち並ぶ沿道との連携、イベント空間の日常利用促進などに配慮する。
 事業スキームについては、整備から管理運営まで、周辺地域関係者も参加して官民が連携できる手法を検討する。
 懇談会で各委員からは「海外を含め国内外から訪れたくなるような魅力的空間を」「各ゾーン、沿道との連続性が必要」「エリアマネジメントにより全体を考える体制づくりが大切になる」などの意見があった。
 市は今後、懇談会や市民の意見を踏まえ、21年度末までに再整備プランを作成し、具体化を図る。

コメント

  • ヒロミ より:

    栄地区在住の名古屋市民です。久屋大通庭園フラリエは日常的に散歩コースです。その上部空間を栄と大須の連携拠点にするとはどういう事ですか?フラリエは、市内中区で貴重な自然空間、緑に囲まれた中の天空体感、高い建物が乱立する栄で大変貴重な空を仰げる自然豊かな市民の憩いの場です。コロナ禍でも市民は皆マスクを着用しつつも、手入れの行き届いた花々をゆっくり愛で写真に収めたり、親の見守る中で子供達がはしゃいで走り回ったり、高齢者がお弁当と会話を楽しんだり、穏やかな時の流れを慈しむかのように風景画を熱心に写生するグループがいたり、ここは今のままで充分、市民の憩いの場、大切なオアシスです。どうか、この貴重な市民の安らぎと癒しの場に手を出さないで下さい!壊さないないで下さい!何卒何卒よろしくお願いします。そのお金は、保健所や医療や福祉にまわして下さい。重ね重ねよろしくお願い致します。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。