安藤ハザマら/山岳トンネル工事のずり破砕システムを開発/遠隔操作で安全に

2021年4月6日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 安藤ハザマは5日、山岳トンネル工事の現場から出るずりを、遠隔操作の移動式クラッシャーで破砕するシステムを開発したと発表した。ホイールローダーの運転手が運転席に設置したタブレット端末でクラッシャーを操…

残り 610文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン