人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日本工営/社長に新屋浩明取締役昇格/7月1日就任  [2021年4月13日1面]

新屋浩明氏

 日本工営は12日、新屋浩明取締役兼専務執行役員が7月1日付で社長に昇格する人事を発表した。同月からスタートする長期経営戦略と中期経営計画の目標達成を見据え、新しい経営体制で事業構造の変革を加速。経営環境の変化に柔軟に対応し業容拡大を図る。有元龍一社長は代表権のない会長に就く。
 新屋 浩明氏(しんや・ひろあき)1985年東北大学大学院理学研究科地学専攻修了、日本工営入社。2013年コンサルタント国内事業本部仙台支店長、15年執行役員、17年取締役兼執行役員コンサルタント国内事業本部長、18年同兼常務執行役員、20年同兼専務執行役員コンサルティング事業統括本部長兼都市空間事業担当。鹿児島県出身、60歳。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。