大成建設、IIU/作業員の安全装備確認システム開発/AIが高速・高精度に解析

2021年4月13日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大成建設と、ソフトウエア開発のIIU(東京都台東区、宮健三代表取締役)は、放射線被ばく対策の装備が必要な現場を対象に、画像データから作業員が安全装備を適切に着用しているかを確認するシステムを共同開発…

残り 590文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン