技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設、IIU/作業員の安全装備確認システム開発/AIが高速・高精度に解析  [2021年4月13日3面]

システムを使った装備確認の様子

 大成建設と、ソフトウエア開発のIIU(東京都台東区、宮健三代表取締役)は、放射線被ばく対策の装備が必要な現場を対象に、画像データから作業員が安全装備を適切に着用しているかを確認するシステムを共同開発した。人工知能(AI)を活用し、安全装備の装着を高速・高精度に確認する。装備が適切でない場合は音声や点灯で警告し、放射線被ばくを徹底管理する。今後は一般的な土木、建築工事への適用を目指す。
 開発した「T-iSafetyProtection」では、作業員が通過する様子をカメラで撮影し、その映像から装備が適切かをAIが判断する。高速・高精度に装備を認識できるため、作業員が立ち止まらずに確認が可能。現場へのスムーズな入場を阻害しない。
 安全装備に不備がある場合は警告灯の点灯のほか、「ヘルメットを装着してください」などと音声による警告も発する。作業員ごとの判定結果は画像とともにサーバーにアップロードされ、データベースに蓄積される。装備品ごと、期間ごとの警告発報数の可視化も可能で、装着し忘れが多い装備、不備が出やすい季節などを分析して装備の不備対策に活用できる。
 除染や中間貯蔵施設に関連した工事現場では、放射線の影響を受ける作業もある。こうした作業に携わる作業員は被ばく防止のための管理が必要となり、ヘルメットなどの通常の安全装備に加えて、防じんマスク、手袋の装着が必須となる。大成建設では、入場前の朝礼時に作業員の安全装備を目視で確認している。しかし休憩などで一時的に退出し、再入場する際の装備の徹底が課題となっていた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。