鹿島/超狭開先のロボット溶接を実現/厚板ほど作業時間短縮可能、環境負荷軽減も

2021年4月14日 技術・商品 [1面]

文字サイズ

 鹿島は0~5度という角度の超狭開先をロボットで溶接できる工法を開発した。開先角度を小さくすることで溶接断面を削減し、生産性を高める。1日当たりの溶接箇所数を10%程度増やせるという。溶接ひずみは40…

残り 460文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン