技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/社内基盤3Dモデリングソフトと構造解析ソフトでデータ連携  [2021年4月15日3面]

Shimz DDEとスナップを、コンスツルを介してデータ連携させる

 清水建設は、コンピュテーショナルデザインの社内プラットフォーム「Shimz DDE」の基盤である3Dモデリングソフト「Rhinoceros(ライノセラス)」と、構造解析ソフト「SNAP(スナップ)」をデータ連携した。これにより設計の上流段階からコンピュテーショナルデザインと構造解析との円滑なデータ連携が可能になる。構造品質と設計提案力の向上が期待される。
 今後は建設業界でのBIMの普及を目的に、1年後をめどに今回の開発成果を一般公開する考えだ。
 二つのソフトのデータ連携プログラムを開発。ライノセラスとの親和性が高く、異なる複数のソフト間で双方向データ連携を媒介するクラウドツール「KONSTRU(コンスツル)」に着目し、ライノセラスからコンスツルへアップロードする3Dモデルのデータと、その解析条件をスナップがダウンロードできるプログラムを開発。プログラムをコンスツルに内包することで、両ソフトのデータ連携を可能にした。
 スナップは高度な解析性能と汎用(はんよう)性を兼ね備えた任意形状構造解析ソフト。国内で広く活用されているが、ライノセラスの3Dモデルの構造検討に使うには高度なノウハウが必要となる。そのためShimz DDEとスナップの迅速なデータ連携を可能にするプログラムの開発が求められていた。
 清水建設は、コンピューターの能力を最大限に生かして建築デザインに合わせて構造・環境性能などをシミュレーションするコンピュテーショナルデザイン手法の展開に取り組んでいる。同手法の実施に当たり、スナップなどの各種設計ソフト間のデータ連携が課題となっていた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。