東大、清水建設ら/廃コンクリにCO2混ぜ再生/30年実用化へ基礎技術開発

2021年4月20日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 東京大学や清水建設、太平洋セメントなど8者は19日、空気中の二酸化炭素(CO2)を混ぜて使用済みコンクリートを再生する「カルシウム・カーボネート・コンクリート(CCC)」の基礎技術を開発したと発表し…

残り 761文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン