工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿児島県/コンベンション・展示機能施設整備可能性調査プロポ公告  [2021年4月22日9面]

 鹿児島県は21日、「コンベンション・展示機能を備える施設に係る整備可能性調査業務委託」の公募型プロポーザルを公告した。参加申込書の提出期限は5月12日。同25日まで企画提案書を受け付けプレゼンテーション・ヒアリングを行い、6月中旬に審査結果を通知、同月中に随意契約を締結する。
 参加資格は2011年度以降に国か地方自治体から受注した同種または類似業務の実績があることなど。
 業務内容は▽海外を含む県内外のMICE(国際的なイベント)施設の調査▽MICEの市場動向などに関する調査▽県に必要なコンベンション・展示機能を備える施設整備の条件整理▽ドルフィンポート跡地などでのコンベンション・展示機能を備える施設整備の条件整理▽専門家の立場からの助言。
 このうち市場動向調査では経済波及効果の実態調査や需要予測を実施。施設整備条件は規模や構成、立地場所、整備手法などを複数パターン検討する。
 ドルフィンポート跡地などの条件整理では▽ドルフィンポート跡地(鹿児島市本港新町、約3ヘクタール)▽ウオーターフロントパーク(同、約3・4ヘクタール)▽住吉町15番街区(鹿児島市住吉町、約2・5ヘクタール)-への立地を想定した交通アクセスや土地利用規制などの立地環境分析を行う。履行期限は22年3月31日。担当は本港区まちづくり推進室。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。