技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/RC造建物の耐震性向上技術を開発/耐震性1割アップ、PCaにも対応  [2021年4月26日3面]

2種類の鉄筋を機械式継ぎ手で一体化する

 大成建設は、地震時のRC造建築物の柱と梁の接合部の損傷を防ぎ、耐震性能を向上させる工法を開発した。大地震時に発生する塑性ヒンジの位置を柱面から梁中央側に移動させるヒンジリロケーションの手法に、独自の機械式継ぎ手を組み合わせた。従来工法と比較して、全体の鉄筋量を変えずに耐震性能が10%程度アップする。モルタル充てん式機械式継ぎ手を使うことで、プレキャスト(PCa)化にも対応。生産性が向上する。
 開発した「T-HR構法」は、梁端部の主筋を高強度鉄筋か太径鉄筋、梁中央側の普通鉄筋とし、継ぎ手で接続させてヒンジリロケーションにより柱梁接合部の損傷を防ぐ工法。機械式継ぎ手を使うことで梁を工場製作するPCaにも対応でき、短工期によるRC造躯体の製造が可能になる。
 初弾として札幌市北区で施工するRC造の超高層マンションに適用した。地上部の大梁の端部4360カ所にT-HR構法を適用。大地震に対する耐震性能を高めた。今後は適用範囲を拡大していく考え。
 東日本大震災のような大地震に対するRC造構造物の耐震設計では、梁の端部に塑性ヒンジを設け、その塑性変形によって地震エネルギーを吸収する手法がとられている。しかしこの手法では過大な変形が繰り返し作用した場合に柱が損傷する懸念があった。そのため塑性ヒンジの位置を柱ではなく梁側に移動させることで、柱の損傷を避けるヒンジリロケーションの手法を採用していた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。