論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/巣ごもりと書店の関係は?  [2021年4月27日1面]

 以前はどこの街にもあった書店。子どもの頃は毎週のように週刊漫画を買いに行き、顔なじみになった店番のお姉さんと話すのが楽しみだった▼活字離れや電子書籍の台頭もあって紙書籍の需要は減少。書店も苦戦を強いられ、倒産に追い込まれる店舗が後を絶たない状況だった▼そんな流れの中で、2020年度の書店倒産数(負債総額1000万円以上)が大幅に減ったそうだ。帝国データバンクの調査によると昨年度の倒産は12件で前年度から半減。00年度以降で最も少なかった▼若年層を中心に本を読まない人が増え、書籍のデジタル化もあって売り上げが頭打ちだった書店。お店を助けたのは映画が爆発的にヒットした『鬼滅の刃』などの売り上げがあるという。「書店によってはコミックの売り上げが前年から1割以上増加した」ケースもあり、「経営に持ち直しの動きもみられている」▼3度目の緊急事態宣言が発令されるなどコロナ禍は続く。家にいる機会が多くなり「どうやって過ごそうか」と思案する中でコミックや本を選択する人がいるのだろう。もうすぐ大型連休。有意義な巣ごもり方法を考えるとするか。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。