行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

故五十嵐久也氏(芝浦工業大学名誉理事長)をしのぶ会開く/400人参列  [2021年4月30日1面]

 2019年12月10日に79歳で死去した三井住友建設元社長で芝浦工業大学名誉理事長の五十嵐久也氏をしのぶ会が28日、東京都千代田区の帝国ホテル東京で開かれた。大学関係者や業界関係者ら約400人が参列。献花台に花をささげ、故人との別れを惜しんだ=写真。
 北海道出身の五十嵐氏は1964年に芝浦工大建築学科を卒業し鹿島に入社した。建築施工のエキスパートとしてさまざまな大規模プロジェクトに従事。2002年から常務横浜支店長に就き、05年顧問を最後に退職した。大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ顧問を経て三井住友建設の社長に06年6月就任。営業部門を独立させて顧客に対して細やかな営業を展開するなど、経営改革に辣腕(らつわん)を振るった。
 社長退任後の10年6月に母校の芝浦工大の理事長に就任し、建築学部の新設を17年4月に実現した。大学改革に尽力し教育研究環境の整備に力を注いだ。
 会場には五十嵐氏の幼少期を含む写真が展示され故人の歩みを紹介。参列者は写真の前で立ち止まり故人をしのんだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。