論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/プラスの効果  [2021年4月30日1面]

 春の大型連休に入った。新型コロナウイルス感染拡大を受けた3度目の緊急事態宣言の発令、まん延防止等重点措置の適用を受け、遠出を避けてステイホームで過ごす方も多かろう▼緊急事態宣言下の措置では、酒類を提供する飲食店への休業要請など、これまでの対策から一歩踏み込んだものもある。だが路上での飲酒の増加など、新たな社会的問題も目立ってきた▼飲食の機会が半強制的に減り、仕事関係の飲み会の対応にも影響が見られる。3月に行った民間の意識調査によると、上司に誘われた飲み会に行きたくない時は7割が、取引先の誘いでも6割が「断る」と回答。コロナ禍で在宅勤務が増えるなど、断りやすい雰囲気が助長されているようだ▼夜の付き合いが減ってプライベートの時間が増え、家族とのだんらんが増えたことはプラスの効果か。我慢を強いられる抑圧的な環境を前向きに捉え、普段の生活習慣を見直し健康増進に取り組む人もいる▼それぞれの立場で様相は異なり、苦境に立たされている人も少なくない。みんなで楽しく会食するプラスの効果は、アフターコロナでも変わらず大切にしたい。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。