工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

エフピコ/兵庫県小野市に新工場建設/延べ7・9万平米、5月中に着工  [2021年5月6日10面]

新工場・配送センターの完成イメージ

 食品容器の製造・販売を手掛けるエフピコ(広島県福山市)は、兵庫県小野市に新工場と配送センターを建設する。総額約253億円を投入し、近畿圏をカバーするS造4階建て延べ約7万8900平方メートルの製造・配送拠点を整備する計画。設計者・施工者は非公表。5月中に着工し、2022年9月に竣工する予定。
 施設名称は「(仮称)兵庫工場・配送センター」で、建設場所は小野市池尻町・榊町(敷地約4・8ヘクタール)。現在、兵庫県企業庁と小野市が共同で整備・分譲を進めている「ひょうご小野産業団地」の1区画となる。
 「巣ごもり消費」による製品需要の拡大を見据え、これまで隣接エリアから配送を行ってきた近畿圏で安定的な供給体制を構築する。新工場には福山エリアの生産設備を一部移設。併設する配送センターは自動仕分け機(ソーター)を採用、在庫保管能力は約26万ケースを見込む。
 このほか同社は通勤する従業員用に、小野市内で独身寮(約140戸)の建設を計画。新たな雇用創出を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。