横浜市/22年度に公共建築施策スタートから100年/市民へのPRなど検討

2021年5月6日 行政・団体 [5面]

文字サイズ

 横浜市は2022年度に「公共建築100年」を迎える。1922(大正11)年、横浜市役所に初めて建築課が設置された。その年を公共建築施策のスタートと位置付け、来年度が節目の年になる。  建築局ではこれ…

残り 101文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン