工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

沖縄県読谷村/総合情報センター・周辺環境整備PFI/プロポ要項公表  [2021年5月7日9面]

 沖縄県読谷村はBTO(建設・移管・運営)方式のPFIで行う「(仮称)読谷村総合情報センターおよび周辺環境整備事業」の事業者選定公募型プロポーザルの募集要項を公表した。12日まで説明会・現地見学会の参加申し込みを受け付け14日に説明会・見学会を開催。7月7~9日に参加表明書を、10月6~8日に提案書類を受け付け、11月下旬に優先交渉権者を決定・公表する。PFIの上限価格は37億5200万円(税込み)。
 参加資格は企業グループ。設計と工事監理の担当は1級建築士事務所、建設担当は土木一式工事と建築一式工事の特定建設業許可業者など。
 事業用地は座喜味2901の1の一部、敷地面積3万0680平方メートル。
 図書館や村史編集室、行政文書保管庫、青少年センターの機能で構成する総合情報センター(延べ3180平方メートル程度で事業者提案により変更可)、広場・水辺空間、駐車場の整備・維持管理・運営、図書館の運営をBTO方式で実施。
 同センター内や余剰地を活用したにぎわい創出につながる民間収益施設の設置・維持管理・運営を独立採算により事業用定期借地権を設定して行う。土地貸付料は1平方メートル当たり年額1470円以上。
 2022年3月に契約締結し25年2月までに設計・建設を終え、同10月に開館し45年3月まで維持管理と運営を行う。民間収益事業の事業期間は45年3月から55年3月までの期間で事業者が提案する。担当は企画政策課。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。