建築家・内田祥哉氏が死去/建築構法・生産システム確立に功績、後進育成にも注力

2021年5月11日 人事・動静 [1面]

文字サイズ

 戦後日本の建築界をけん引してきた建築家の内田祥哉(うちだ・よしちか)氏(東京大学名誉教授)が3日に死去した。96歳だった。葬儀は近親者で済ませた。東大教授として建築構法や建築生産システムの在り方を社…

残り 1089文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン