工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

ESR/横浜市金沢区に大型物流施設/塩浜工業で2期に6月着工  [2021年5月11日4面]

 ESR幸浦2特定目的会社(東京都港区、滝澤弘子取締役)は、横浜市金沢区に延べ約19・5万平方メートル規模の物流施設を建設する。予定工期は6月1日~2023年1月31日。設計と施工は塩浜工業が担当する。
 計画名称は「(仮称)ESR横浜幸浦ディストリビューションセンター2新築工事」。建設地は幸浦1の8の3ほか。敷地面積は9万0282平方メートル、建築面積は4万9577平方メートル。建物はPCaPC造4階建て3棟、総延べ19万5373平方メートル(うち容積算定外1万5269平方メートル)。高さは約31メートル。駐車台数は658台。
 同敷地内でESR(東京都港区、スチュアート・ギブソン代表取締役)が計画する物流倉庫計画の2棟目。「ESR横浜幸浦ディストリビューションセンター1」は塩浜工業の設計・施工で20年7月に着工しており22年1月末の竣工を予定する。マスタープランや基本計画の策定などはESRが担当している。
 総投資額は1、2期合計で約1000億円を見込んでいる。施設には利用者用の休憩ラウンジや屋上デッキなどを設け、快適な職場環境を実現する。環境にも配慮しCASBEEAランクの認証取得を目指している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。