監督検査の合理化進む-コロナ禍で遠隔臨場が急増/日建連会員調査

2021年5月12日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、監督・検査業務の合理化が進んでいる。日本建設業連合会(日建連、宮本洋一会長)が会員企業に行った調査によると、回答した836現場のうち、210現場で遠隔臨場…

残り 893文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン