工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

アイリスオーヤマ/岡山県瀬戸内市に新工場/延べ15万平米規模を計画  [2021年5月12日4面]

 アイリスオーヤマは11日、岡山県瀬戸内市に「岡山瀬戸内工場」を新設すると発表した。建設地は長船町士師にある第2宮下産業団地。敷地面積は約6・1ヘクタール。建物はS造6階建て延べ約15万平方メートルの規模を計画している。総投資額は約100億円。2024年12月の着工、25年10月の完成を目指す。設計、施工者は決まっていない。
 新工場は家電製品の生産・流通拠点として国内最大級の自動倉庫(約8万パレット)を備える。山陽自動車道や国道2号線への良好なアクセスを生かし、広域物流の中核拠点と位置付ける。完成後は約200人が働くことになる。同社にとって10カ所目の国内工場になる。同日付で県、市と立地表明覚書を交換した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。