工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

野村不ら/中野駅新北口駅前整備、中野区と協定締結/22年度中の都市計画決定へ  [2021年5月13日4面]

基本協定書を交わす酒井直人区長(右から3人目)と野村不動産の松尾大作社長(同4人目)

 野村不動産ら5社と東京・中野区が「中野駅新北口駅前エリア」の市街地再開発事業で基本協定を締結した。野村不らは音楽ホール「中野サンプラザ」などを建て替え新たなシンボル施設を整備する。施行予定区域の総面積は2万3456平方メートル。2022年度末の都市計画決定、28年度内の竣工を目指す。
 協定締結日は6日。野村不が代表事業者で、共同事業者として▽東急不動産▽住友商事▽ヒューリック▽JR東日本-の4社が参画する。
 中野駅新北口駅前エリアには、中野サンプラザ(中野4の1の1)や移転が決まっている中野区役所(同4の8の1)などが立地する。野村不らは「文化を原動力とした中野100年の街づくり」として、新たな「中野サンプラザ」と「シンボルタワー」を建設する計画を提案。新たな中野サンプラザは最大収容7000人規模の大ホールやホテル、エリアマネジメントに貢献する施設を設ける。
 野村不らと区は計画を詰める協議に入る。6月から区民説明会を開催。拠点施設整備計画案を作成し、秋ごろに同計画案の区民説明会も予定する。環境影響評価(環境アセス)手続きを経て、22年度の都市計画決定を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。