日本郵政グループ/21~25年度不動産投資5000億円計画/資産規模倍増めざす

2021年5月18日 企業・経営 [4面]

文字サイズ

 日本郵政グループは2021~25年度の5年間で、不動産投資に総額5000億円程度を充てる。事業用施設を集約、効率化するため保有不動産の開発に順次着手するとともに、グループ外不動産への投資も随時実施す…

残り 553文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン