工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

積水ハウス、日本生命/赤坂二丁目計画(東京都港区)/22年4月の着工めざす  [2021年5月25日4面]

赤坂二丁目計画の完成イメージ(20年11月の環境影響調査書案から)

 積水ハウスと日本生命保険は、東京都港区で予定する超高層ビルの開発事業「(仮称)赤坂二丁目計画」の着工時期を、2022年4月で調整している。延べ約7・5万平方メートルのオフィスビルを建設する。24年6月末の完成を目指す。設計は日建設計。施工者は決まっていない。
 計画地は「国際赤坂ビル」跡地の赤坂2の4の5。東京メトロ溜池山王駅に近接する。敷地面積は5988平方メートル。地上部分は大成建設の施工で解体工事を完了し更地になっている。7月から大林組が地下部分の解体工事に着手する見通し。
 新しい超高層ビルはS一部SRC造地下3階地上28階建ての規模。昨年11月に港区が縦覧した環境影響調査書案によると、最高高さは約160メートル。オフィスや商業施設などの機能を設け、約150台分の駐車場も併設する。敷地内にある溜池山王駅の地上出入り口周辺は緑化し駅前広場として整備する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。