行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日建連意見交換会・四国地区/週休2日制は発注者指定で/4週8閉所実現しやすく  [2021年5月25日1面]

 日本建設業連合会(日建連、宮本洋一会長)と国土交通省四国地方整備局など公共発注機関との四国地区の意見交換会が24日にウェブで行われた。週休2日を巡り、日建連の田中茂義公共契約委員長は「発注者指定型は受注者希望型に比べ、4週8閉所が実現できている」とし、適用拡大を求めた。四国整備局の森本輝企画部長は「本年度から原則すべての工事を発注者指定型で発注する」と応じた。
 日建連の茅野正恭公共工事委員長は、工事書類を簡素化する取り組みで、四国整備局の「工事関係書類等の適正化指針」を評価した。森本企画部長は同指針を適宜見直しているとし、「本年度の大きな改善点の一つが休日・夜間の作業だ。事前に両者で調整すれば、作業届を省略できるよう簡素化した」と紹介した。
 建設キャリアアップシステム(CCUS)の普及策の議論で、益山高幸水資源機構吉野川本部長は「本年度のモデル工事試行に向け本社で準備している」と回答した。四国整備局はICT(情報通信技術)活用工事の発注者指定型を6000万円以上かつ1万立方メートル以上の土工事に拡大する方針を明らかにした。
 日建連四国地区意見交換会の出席者は次の通り。
 【日建連】押味至一副会長(土木本部長、日建連表彰委員長)▽清水琢三副会長(土木本部副本部長、災害対策委員長)▽竹中康一理事(土木本部副本部長、安全対策本部長)▽新井英雄理事(土木本部副本部長、けんせつ小町委員長)▽寺田光宏理事(鉄道安全委員長)▽小池剛専務理事▽伊勢田敏常務執行役▽茅野正恭公共工事委員長▽田中茂義公共契約委員長▽佐藤健人公共積算委員長▽池田謙太郎インフラ再生委員長▽田中豊建築制度委員会積算部会委員▽岡野利喜造土木運営会議委員▽柴田敏雄土木運営会議委員▽佐々木嘉仁四国支部長▽竹中康博四国支部副支部長▽西山秀樹四国支部副支部長▽吉田英信四国支部副支部長▽田中顕二四国支部副支部長
 【国土交通省四国地方整備局】丹羽克彦局長▽吉永宙司次長▽森本輝企画部長▽吉田信博建政部長▽堀与志郎河川部長▽鈴木学道路部長▽水口幸司港湾空港部長▽小坂孝紀営繕部長▽高橋淳二技術調整管理官▽庄野達也技術開発調整官▽田邊守英技術管理課長
 【自治体など】木下修一徳島県県土整備部副部長▽西川英吉香川県土木部長▽古本一司愛媛県土木部技術監▽岩崎哲史高知県土木部土木技術監▽森田大介高松市財政局長▽熊野賢二西日本高速道路四国支社副支社長▽細田英樹西日本高速道路四国支社建設・改築事業部長▽益山高幸水資源機構吉野川本部長
 【オブザーバー】谷芳彦JR四国鉄道事業本部工務部長▽松崎伸一四国電力土木建築部長。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。