九州整備局/VR活用し初の災害査定研修実施/現地調査を疑似体験

2021年5月27日 行政・団体 [13面]

文字サイズ

 九州地方整備局はインフラ分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に向けた取り組みの一環としてVR(仮想現実)と3Dデータ、クラウドを活用した初のオンライン形式の災害査定研修を実施した。V…

残り 733文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン