技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/地中連続壁の継ぎ手工法を開発/波形鋼板で効率的に施工  [2021年5月27日3面]

SSS-N工法に使う波形鋼板

 清水建設は、地震で建物基礎に作用する鉛直力への構造耐力を備えた地中連続壁が容易に施工できる場所打ち地下構築工法を開発したと発表した。地中連続壁を構成する単位壁体(エレメント)を波形の鋼板を介して接合し、剛性の高い連続壁を構築する。剛結継ぎ手でエレメントを構造的に一体化する従来工法と比較し、隣接エレメントの鉄筋かごを連結する必要がなく、地中連続壁を効率的に施工できる。
 開発した「SSS-N工法」は継ぎ手部材として薄い波形鋼板、両側に配置した側板とスペーサー、硬質ゴム製のコンクリート漏れ防止シート、洗浄機用T型ガイドなどを使用する。継ぎ手部は先行エレメントの掘削後、端部に仮設の保護ボックスを挿入し、内側に継ぎ手部材を建て込んで施工する。
 継ぎ手部材の挿入後に鉄筋かごを建て込み、コンクリートを打設すれば先行エレメントが構築できる。後行エレメントは掘削、保護ボックスの引き抜き、継ぎ手面の洗浄、鉄筋かごの建て込み、コンクリート打設の順で施工する。隣り合うエレメントのコンクリート面が波形鋼板を介して相互にかみ合い、建物基礎に作用する鉛直力を確実に伝達。地中連続壁全体を荷重支持部材として有効活用できるようになる。
 継ぎ手部材の施工手間と部材量が従来工法と比較し大幅に低減できる。施工費用も1割程度削減可能という。日本建築センターの評定を取得している。今後は大深度の地下掘削を伴う再開発プロジェクトや超高層建築物の地下構造体などへの適用を目指し、同工法の採用を提案する。
 地中連続壁の継ぎ手手法は、隣接エレメントの水平鉄筋を重ね継ぎ手で連結した後、コンクリートを打設して一体化する方法が一般的。ただコンクリートの充てん性などで課題があった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。