論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/コミュニケーションも変革を  [2021年5月28日1面]

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とともにコミュニケーションの変革が大切--。コミュニケーション戦略研究家の岡本純子さんが指摘していた▼共感を得るには、伝える側のエネルギーが重要になるという。リモートのやりとりが増えているが、岡本さんはなるべく手を見せるように工夫しているそうだ。人は論理だけでは動かない。身ぶりや手ぶり、目線などが加わると印象が違ってくる▼コミュニケーションツールが増えて、リアルタイムでの情報共有がどんどん容易になっている。だが、真意が本当に伝わるかどうかは、発信する内容やその人の姿勢にも左右される▼「『あなただから協力する』と言ってもらえるくらいにならなければ前に進めない」。再開発事業などを手掛けてきた行政関係者に聞いた。地権者の合意を得るためには、事業に対する理解に加えて、担当者への信頼が不可欠という▼DXが社会に浸透し、すべてのデータがつながったとしても、心が通じ合っていなければ、物事は良い方向に進まないはず。心に届く発信とはどういうものか。本質を見失わずに考え続けることが必要なのだろう。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。