東京・江東区/新庁舎建設スケジュールを再考/完成は最大5年後ろ倒し

2021年6月3日 行政・団体 [4面]

文字サイズ

 東京・江東区が新庁舎整備事業のスケジュールを再考している。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための諸経費がかさみ、区の財政を圧迫。当初2032年の完成を想定して設計や施工など各段階のスケジュールを検…

残り 716文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン