大林組/コンクリの流動性確保技術を開発/猛暑日の工事対応

2021年6月4日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大林組は、コンクリートの硬化が早まる気温35度以上の猛暑日でも流動性が確保できるコンクリート「サンワーク」を開発した。プラントから出荷したコンクリートにJIS適合品の特殊混和剤を添加し混ぜ合わせる。…

残り 533文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン