大成建設ら/ICU向け遠隔操作ロボットを開発/医療従事者の負担軽減

2021年6月7日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大成建設と国立国際医療研究センター(NCGM、国土典宏理事長)は「集中治療室(ICU)向け医療機器遠隔操作ロボット」を開発した。ICUで新型コロナウイルス感染症患者の治療に当たる医療従事者の労働環境…

残り 724文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン