行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

経産省、スポーツ庁/スタジアム・アリーナ改革/モデル事業初弾に11施設選定  [2021年6月7日2面]

 経済産業省とスポーツ庁は、政府が進める「スタジアム・アリーナ改革」のモデルとなる11施設を選定した。内訳は運営・管理段階5施設(改修3施設含む)、設計・建設段階4施設、構想・計画段階2施設。スタジアムやアリーナを街づくりや地域活性化の核とするため、国が主導し積極的な広報活動やスポーツ施設関連施策の優遇措置などの支援策を講じる。
 昨年8月に「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」として公募手続きを開始し、モデル施設の初弾案件を決めた。政府は2025年までに20拠点の実現を政策目標に掲げている。モデル施設は目標達成に向け毎年選定する方針。次回公募も夏ごろに予定している。
 選定された施設の取り組み内容は、スポーツ庁や経産省のホームページなどで情報発信する。スポーツ庁はスタジアム・アリーナ改革の関連事業の案件審査で加点措置を講じる予定。経産省は関連施策の予算申請などに対する重点サポートを行う。
 初弾11施設は次の通り。
 【運営・管理段階(新設済み)】
 ▽FLAT HACHINOHE(青森県八戸市)▽ミクニワールドスタジアム北九州(北九州スタジアム、北九州市小倉北区)
 【同(改修)】
 ▽桜スタジアム(大阪市立長居球技場、大阪市東住吉区)▽東大阪市花園ラグビー場(大阪府東大阪市)▽ノエビアスタジアム神戸(神戸市御崎公園球技場、神戸市兵庫区)
 【設計・建設段階】
 ▽ES CON FIELD HOKKAIDO(北海道北広島市)▽横浜文化体育館(横浜市中区)▽FC今治新スタジアム(愛媛県今治市)▽SAGAアリーナ(佐賀市)
 【構想・計画段階】
 ▽アイシンアリーナ(愛知県安城市)▽長崎スタジアムシティプロジェクト(長崎市)。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。