行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

水資源機構/関東4拠点でインターン/7月9日まで受付  [2021年6月8日5面]

 水資源機構は、関東の事業拠点4カ所で大学生と高等専門学校生を対象にした1日だけのインターンシップを8月6日から行う。「ダムや水路をもっと知ろう」と銘打って、思川開発事業・南摩ダムなどの建設や管理の取り組みを紹介する。理系専攻の大学2年生以上と理系高等専門学校の3年生以上が対象。対象が女性だけを含む四つのパートがある。申し込みを7月9日まで受け付ける。
 「1dayインターンシップ」として、パートA~Dを用意した。矢木沢ダム(群馬県みなかみ町)、奈良俣ダム(同)、東京・埼玉・群馬に水を供給する利根導水路の見学や、管理事業、地震対策の紹介、ダムや水路を整備する思川開発事業(栃木県鹿沼市)の説明などを実施する。思川開発事業はC、Dの2パートがあり、Dは理系女子が対象。各パートとも定員は10人。ホームページ(https://www.water.go.jp/honsya/honsya/index.html)に実施要領、申込書を掲載している。参加は無料。交通費は自己負担。
 各パートの概要は次の通り。△パート=〈1〉タイトル〈2〉主な内容〈3〉実施日〈4〉集合場所。
 △パートA=〈1〉ダムの管理を知る(水源地管理編)〈2〉矢木沢ダム、奈良俣ダム見学、ダム施設と管理〈3〉8月6日〈4〉JR上越線・沼田駅、上越新幹線・上毛高原駅
 △パートB=〈1〉水路の管理を知る(利水管理編)〈2〉利根導水路事業見学、水路施設と管理、大規模地震対策〈3〉
2022年3月3日〈4〉JR高崎線・吹上駅
 △パートC=〈1〉ダムや水路の建設を知る〈2〉思川開発事業見学、新規ダム・導水路の建設〈3〉9月16日〈4〉東武日光線・新鹿沼駅
 △パートD(理系女子)=〈1〉同〈2〉同〈3〉9月9日〈4〉同。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。