工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

堺市など共同事業体/中百舌鳥エリアイノベーション拠点形成支援業務プロポ公告  [2021年6月9日8面]

中百舌鳥駅

 堺市や大阪府立大学、民間企業など産学官でつくるコンソーシアムは、北区の中百舌鳥エリアで技術革新を創出する拠点形成に向けた取り組みを始める。「中百舌鳥エリアにおけるイノベーション創出拠点形成に向けたロードマップ作成等支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルを公告。業務で拠点形成に向けたロードマップ作成や、将来像の実現に必要な実証実験などの支援などを行う。参加資格確認申請書は14日、提案書は28日まで受け付け、7月5日に審査結果を通知する。業務期間は2022年3月18日まで。
 参加できるのは仕様書に基づき業務を履行できる企業。
 業務内容は▽ロードマップ作成とモデル事業化に向けた検討の支援▽将来像実現に向けたイベントなどの実施支援▽情報発信の実施支援▽コンソーシアムの運営支援-など。
 見積書の提案上限金額は950万円(税込み)。
 同エリアは、大阪メトロ「なかもず駅」と、南海電気鉄道と泉北高速鉄道の「中百舌鳥駅」が立地するターミナルが核となり、南海白鷺駅付近までを対象地域として想定。40年の市の未来像を示す「堺グランドデザイン2040」で、「大学や産業支援機関、スタートアップ企業などが集積し、産学官連携などによる新たな技術やビジネスが生まれるイノベーション創出拠点」になると位置付けている。
 プロポーザルを公告したのは同エリアの発展・活性化を目指す組織「NAKAMOZUイノベーションコア創出コンソーシアム」。堺市建築都市局都市整備部(電話072・340・0389)に事務局を置く。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。