企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/米スタートアップの現場管理ソフトの販売代理店に  [2021年6月11日3面]

オープンスペースの現場管理機能では、現状をBIMデータと比較することも可能

 清水建設は米シリコンバレーの建設スタートアップ・オープンスペースと、同社が提供する360度画像を活用した現場管理ソフト「オープンスペース」の日本国内での販売促進で連携することに合意した。清水建設の全額出資子会社・ミルックス(東京都中央区、山口眞樹社長)と、ピーディーシステム(同、深沢公文社長)が、オープンスペースと国内初の販売代理店契約を結んだ。
 今後は建設用仮設資機材リースを主に手掛けるミルックスの全国的な建設現場への販路や、建築設計業務を主業に建設業向けソフトウエアの販売を手掛けるピーディーシステムの顧客基盤を活用。「オープンスペース」の国内展開を支援する。
 販売支援を通じて発注者、設計者、施工者、専門工事会社など、工事の幅広い工程で関係者が「オープンスペース」を活用した建設DX(デジタルトランスフォーメーション)に参画できる環境整備を目指す。建設業以外のユーザーに対しても販売促進を展開していく。
 「オープンスペース」は建設現場内で収集した360度画像データを基に、現場の状況を360度の視野で確認できる仮想空間を構築する画像管理ツール。画像データの収集はカメラを持って現場内を歩くだけで完了し、図面上の位置とひもづけた画像データがクラウドサーバーに保存される。現場の状況確認のほか、過去画像やBIMデータとの比較表示も可能。施工の進捗(しんちょく)状況や計画との差異を簡便に把握できる。
 清水建設は2020年3月に建設現場への「オープンスペース」の試験導入を開始し、これまでは国内外の30以上の建築・土木現場に展開してきた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。