愛知県/遠隔臨場試行要領の運用を開始/受発注者の負担軽減図る

2021年6月11日 行政・団体 [7面]

文字サイズ

 愛知県は、本年度から取り組む遠隔臨場の試行要領をまとめ、1日に適用を開始した。建設局と都市・交通局が発注する工事の確認作業にICT(情報通信技術)を導入し、受発注者双方の負担軽減と新型コロナウイルス…

残り 622文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン