行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

新日本空調/福島県内の農業高校で出前授業/CO2局所施肥制御技術など題材  [2021年6月24日3面]

スマート農業に役立つ技術を紹介

 新日本空調は福島県立相馬農業高校で15日に出前授業を行った=写真。同校に導入した二酸化炭素(CO2)の局所施肥制御技術「C-BRES(シーブレス)」や「ポリエステル媒地」など、スマート農業に役立つ技術を紹介した。
 CSR(企業の社会的責任)・ESG(環境・社会・企業統治)活動の一環。就農のイメージアップや離農食い止め、地産地消促進などに貢献する狙いがある。授業の様子は18日に福島放送で紹介された。
 新日本空調は東日本大震災の発生以降、福島県内での営農への貢献を軸に、空気の制御を農業に生かすスマート農業に取り組んでいる。
 C-BRESはポリエステル媒地と自動かん水、監視装置、二酸化炭素施肥装置で構成。露地栽培でICT(情報通信技術)を活用する。連作も可能で効率が良く高い生産性が実現できる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。