地域維持型契約方式、市区町村でなお1割/活用促進方策検討へ/国交省調査

2021年6月25日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 既存インフラの維持管理を包括的な枠組みで発注する「地域維持型契約方式」の活用が、市区町村の1割程度にとどまっていることが分かった。国土交通省の調査によると、直近の活用状況は都道府県が47団体のうち2…

残り 836文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン