工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

キオクシア/横浜市栄区に延べ4・3万平米の新棟/清水建設で12月着工  [2021年6月29日4面]

 キオクシア(東京都港区、早坂伸夫社長)は、横浜市栄区の横浜テクノロジーキャンパスに技術開発新棟を建設する。新棟は6階建て延べ4・3万平方メートルの規模。12月初旬にも着工し、2023年9月末の完成を目指す。設計・施工は清水建設が担当する。
 計画名称は「(仮称)キオクシア横浜テクノロジーキャンパス技術開発新棟計画」。建設地は栄区笠間2の1000の1と鎌倉市岩瀬1の1の22。敷地面積は5万3633平方メートル。新棟の建築面積は7717平方メートル。建物はS一部RC造6階建て延べ4万3093平方メートル(うち容積算定外5672平方メートル)。高さは約30メートル。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。