川崎市/市民ミュージアムあり方検討部会が答申案/被災リスク少ない場所に新設を

2021年7月6日 工事・計画 [5面]

文字サイズ

 川崎市の市民ミュージアムあり方検討部会(部会長・垣内恵美子政策研究大学院大学教授)が、中原区にある「川崎市市民ミュージアム」の在り方で答申案をまとめた。2019年の台風19号で浸水し長期休館している…

残り 572文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン