企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/デジタル化コンセプトを策定/計画から運用までのデータ連携体制構築  [2021年7月7日3面]

今木繁行代表取締役副社長

 清水建設は基幹事業・業務にデジタル技術を活用し、より良いものづくりや質の高いサービスを実現するための基本的な観点や考え方をまとめた。これまで蓄積したものづくりのノウハウと先端技術を融合し、リアルとデジタルの両方で高度なサービスを提供。中期戦略で掲げた「デジタルゼネコン」への変貌に向け、「ものづくりをデジタルで」など三つの柱であるべき姿を示した。
 同社は昨年まとめた中期デジタル戦略2020「シミズデジタルゼネコン」で、▽ものづくりをデジタルで▽ものづくりを支えるデジタル▽デジタルな空間・サービスを提供-の三つを柱に掲げた。3本柱の実現に向けコンセプトを策定し、デジタルゼネコンの実現に向け基幹事業・業務の方向性をまとめた。
 「ものづくりをデジタルで」は建築と土木の両事業で、プロジェクトの上流に当たる計画検討から下流の運用までの全段階を対象に一貫したデータ連携体制を構築する。建築は上流段階で設計のコンピュテーショナルデザイン、施工段階でデジタルデータを活用した施工の管理、ロボット化・自動化、部材製作などを実践する。
 「デジタルな空間サービスの提供」はエンジニアリング事業の在り方を示した。都市や建物に関連する分野でデジタルツインの活用によるサービス提供を目指す。すでに自社開発のオフィスビルなどで都市・建物デジタルツインの構築に必要な基盤・データプラットフォームや建物オペレーティングシステムの実装を開始している。
 「ものづくりを支えるデジタル」は、社員が場所や時間の制約を受けずに安全に業務ができ、ものづくりや空間・サービスのデジタル化などの全ての業務を支援するデジタル化基盤全体の在り方を示した。
 6日に東京都中央区の本社で説明した今木繁行代表取締役副社長=写真=は「竣工して終わりではなく、造った建物をデジタル化していかに付加価値を提供し続けられるか。そういうビジネスモデルの構築が重要になってくるだろう」と今後を展望した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。