飛島建設、早大/音響可視化システムを開発/音圧をMRで投影

2021年7月14日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 飛島建設と早稲田大学基幹理工学部表現工学科の及川靖広教授は、音の強さ(音圧)がリアルタイムに可視化できるシステムを共同開発した。ヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)を装着すると、MR(複合現実)…

残り 485文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン