大林組/山岳トンネルのセントル全自動セット工法を開発/品質向上、省人化

2021年7月15日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大林組と岐阜工業(岐阜県瑞穂市、宗像国義社長)は、山岳トンネルの覆工コンクリート工事で移動式鋼製型枠(セントル)を全自動でセットするシステムを共同開発した。セントルに自己位置・傾斜を把握する測量やセ…

残り 639文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン