企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

長大/人材派遣ビジネスに参入/比企業の株式取得、海外事業円滑化  [2021年7月16日1面]

 長大が主力の建設コンサルタント事業に続く新領域の一つとして、人材派遣事業に参入する。フィリピンに拠点を置く人材派遣会社2社の株式取得で相手方と基本合意した。現地企業と連携し人材の紹介・派遣事業を展開。インフラ整備などを展開する長大が優秀人材を獲得したり、周辺国や日本で建設事業を手掛ける日系企業に人材を仲介したりする。株式取得の正式契約を経て事業を開始する。=2面に関連記事
 株式を取得する人材派遣会社は▽フィルノス・コーポレーション(マニラ首都圏パッシグ市、メイベル・マサンカイ社長)▽ノスフィル・コンサルタンシー・アンド・マンパワー・サービシーズ(同、同)。両社を創業した角田義之会長が保有する株式を、子会社の長大フィリピン(大浦雅幸社長)が取得する。6月29日付で基本合意した。
 残る株式はフリーペーパーなどを発行するプライマー・マネージメント・パートナーズ(マニラ首都圏マカティ市、ジェレミー・フジタ代表)が保有する。同社と長大が連携し、外国人材の派遣サービスなどを展開する。
 長大は派遣事業を通じ優秀な人材を獲得し、同国で手掛けるコンサル業務の円滑な進行を狙う。周辺国や日本で担い手確保に奔走する建設会社をターゲットに仲介サービスも展開する。
 フィルノス社の設立は1994年6月。主に海外事業を手掛ける日系企業向け人材派遣サービスを提供している。ノスフィル社は2013年9月に設立。フィリピン国内で建設プロジェクトを行う日系企業に人材を融通している。人材の登録数は2社で合計7400人超に達する。
 長大は国内だけでなく、フィリピンを中心とした東南アジア各国で事業を展開している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。