人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

凜/国土交通省関東地方整備局千葉国道事務所管理第二課・和田怜奈さん  [2021年7月19日14面]

和田怜奈さん

 ◇経験積んで資格を取りたい
 国土交通省に入省し2年目。千葉国道事務所で舗装の修繕やインフラメンテナンスに伴う点検などの業務、工事発注を担う管理第二課に所属する。道路緊急ダイヤルの受け付けも担当しており、怒鳴られたりクレームを受けたりと、つらいこともあった。だが「『対応が良かった』という声をもらうと励みになる」と話す。
 祖父が工務店を経営していたこともあり、幼い頃から建築に心を引かれていた。建築を学ぼうと大学に進んだが、橋梁など土木構造物を目にする機会が多くなり、いつしかダイナミックさに心を奪われた。土木系のコンクリートを研究する道を選択したのは、自然な流れだったと思っている。中国地方整備局に勤める兄の影響もあり、「地域の人と直接関わる仕事がしたい」と国交省を選んだ。
 ただ社会人になる直前、世の中は新型コロナウイルスの流行に翻弄(ほんろう)されるようになった。働き始めてからもテレワークが多く、仕方がないと分かっていても「もっと現場に行きたい」と思っていた。
 現場でしっかり話ができるように知識を増やしながら実務経験を積み、一日も早く土木施工管理技士などの資格を取るのが今の目標。「何か目標がないと勉強しないので」とはにかむ。
 出身は松江市。大好きな東京ディズニーリゾートに気兼ねなく行ける日が来ることを心待ちにしている。(わだ・れいな)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。