工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

名古屋市/名古屋駅東側エリア再整備検討業務入札公告/8月11、12日に入札書受付  [2021年7月30日8面]

 名古屋市住宅都市局は29日、「名古屋駅東側エリアの再整備検討業務委託」の一般競争入札(事後審査型)を公告した。入札書を8月11、12日に受け付ける。開札は同17日。
 参加できるのは、建設コンサルタントの認定を受け「都市計画および地方計画」を選択、「建築設計・監理」の認定も受けている者。市内に本店・支店・営業所が要件。
 同業務では、リニア中央新幹線開業を見据え、名古屋駅東側駅前広場(中村区、約1万2500平方メートル)を再整備するため、これまでの検討を踏まえ予備設計などを行う。
 具体的には、3カ所設ける地下鉄などとの乗り換え空間「ターミナルスクエア」のうち中央部(ターミナルスクエア2)と周辺を覆う屋根の検討、タワーズガーデン改修計画案の作成、観光案内所新設の検討、施設配置計画図の作成、ターミナルスクエア2の照明・排水・植栽計画の作成、サイン計画の作成、駅前広場の維持管理・運用方法の検討、駅前広場全体の工事工程や概算工事費を盛り込んだ事業スケジュールの作成、関係機関との協議・資料作成などを行う。
 履行期間は2022年3月18日まで。予定価格は非公表。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。