川崎地質ら/洋上風力発電事業向け水深50m対応の鋼製櫓を開発

2021年8月2日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 川崎地質と三国屋建設(茨城県神栖市、和田英司社長)が水深50メートルに対応するボーリング用鋼製櫓(やぐら)を共同開発した。水深50メートル対応は国内初。より深い海底の地質調査が可能になる。櫓にはボー…

残り 564文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン