企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

竹中工務店/西日本機材センターが安全功労者総理大臣表彰/総合建設業で初  [2021年8月5日1面]

左から丁野本店長、木暮局長、佐々木社長、森田所長

 竹中工務店の大阪本店西日本機材センター(堺市美原区)が、安全水準の向上などで顕著な功績があった個人・団体を表彰する2021年「安全功労者内閣総理大臣表彰」を受けた。
 総合建設業で表彰を受けたのは同社が初。3日に大阪市中央区の大阪労働局で伝達授与式が行われた。
 式典には竹中工務店から佐々木正人社長、丁野成人常務執行役員大阪本店長、森田将史大阪本店西日本機材センター所長らが出席。大阪労働局の木暮康二局長が佐々木社長に表彰状と盾を贈った。
 同センターは2000年に労働安全衛生マネジメントシステムを導入。機械整備作業にリスクアセスメントを適用し災害防止に努めている。19年8カ月にわたって無災害を継続し、連続無災害時間は410万時間に達する。IoT(モノのインターネット)を活用した機械遠隔監視などの技術開発や、地域の労働災害防止への貢献なども高い評価を受けた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。