土木学会/想定上回る複合災害に危機感/感染症と自然災害、新たな提言検討へ

2021年8月17日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが掛からない状況下で、西日本から東日本までの広い範囲で記録的な大雨が降り続いている。感染症と豪雨の「複合災害」に対し、土木学会(谷口博昭会長)は危機感を強める。過…

残り 756文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン